ベーシストの俺と食いしん坊な妻が日々感じる 俺好み美味いもん 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パン作りだ
2010年07月26日 (月) | 編集 |
みいの酵母種

みいの残した酵母種↑

継いで繋いで使ってます。

画像は雅子先生の本で見よう見まねで継ぎ始めた頃のもの。

この後、スーパー雅子リフレッシュを受けることになる。

なんだかんだ言って、毎週パン作りしてることになるが、

奥が深ーい!魅力に取り付かれそうです。

もともと微生物を飼うのは専門分野だったのだが、

こんなところでつながってくるとは、人生って面白い。

楽しいですね。

イチゴ前種法食パン1次発酵前

みいの残したイチゴ酵母エキスが意外にまだまだ使えそうな匂いだったので、

パン作り初挑戦。

前種法初挑戦。

カンパーニュ初挑戦。

画像はイチゴ前種法カンパーニュの1次発酵。

6月の7日~9日にかけて
イチゴ前種法でカンパーニュと食パン2斤、レーズン酵母種でフランスパン・・・立て続けに初挑戦。

イチゴ前種法カンパーニュ
DSCN1123.jpg

カンパーニュ、意外に順調。
初めてにしては上出来か?!

イチゴ前種食パン用
続いて、イチゴ前種にて食パン挑戦!

イチゴ前種食パン
いまいち膨らまない。

1次発酵から今ひとつだったな。

酵母のピークが過ぎてるんだろうな。


・・・・・・・・・・・・


フランスパンはダレダレの失敗に終わりました。

1次発酵の時間とり過ぎた。

画像無し。


つづく







スポンサーサイト
りり画伯
2010年07月14日 (水) | 編集 |
『大好きなみーちゃん』りりか作

先日お棚上げをすませました。

我が家は神道なので、仏教で言うところの四十九日法要にあたるのが五十日祭です。

みいの魂は霊となって神様により近いところへ行きました。

五十日祭でみいがかわいがっていた姪っこのりりちゃんがみいの絵を描いて来てくれました。

私は一目見て泣き出しそうになってしまって、思わず目を背けてしまいました。

この絵、みいそのものです。

みいの温かい波動であふれています。

本当にそこにみいがいるかのようです。

絵もそっくりです。

大好きだったボーダーの長袖Tシャツ。

一瞬の表情や特徴をよーくとらえてます。

今にも動き出しそうです。

今年の新人賞はりり画伯に間違いないでしょう。
(そういえば、数年前は甥っ子のシュウ画伯が私がベース弾いている絵を描いてくれて新人賞獲得してます)


五十日祭と会食を終えて、家に戻って、

あらためて、この絵と向き合いました。

涙が止まりませんでした。

みいの優しい温もりを感じて懐かしいです。


今は、この絵に毎日、懐かしんだり、悲しんだり、たり元気づけられ、和まされたりしています。

まだ、寂しさや悲しさの方が多いけれど、

そのうち励みや安らぎに替わっていって、

癒されて行くんでしょうね。

きっと。


この絵を描いてくれた、りりちゃんに感謝です。

りりちゃんもこの絵を描いているときに、みいを感じていたんだろうな。

みいの波動がおりて来て絵の中に入ったんだろうな。


ありがとう、りりちゃん。


まだ納骨はしていません。

しばらく手元においておきます。

秋までか、または一周忌のタイミングか、

その辺りで考えます。


みいと生前つながってくれていた方々が、

みいに会いに来てくれています。

遠方の方、ご近所の方。

ありがとうございます。

感謝の気持ちでいっぱいです。


そうした方々とお会いして、

あらためて、みいの存在の大きさを実感しています。

なくしたものの大きさを思い知らされている感じです。

私にとって通過しなければならないこと。

次のステップに進むために与えられたことだと思っています。

みいは、生前も、天国へ帰ってからも、

私に多くのことを気付かせてくれています。

与えてくれています。

感謝です。



皆さんにも感謝!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。